酵素の摂取に意味がある理由

酵素を摂取することには意味がないという議論を展開する人もいますが、その多くはよく特性を理解していないことによるというのが事実です。
酵素はタンパク質であり、胃酸の強い酸性にさらされて変性してしまったり、胃の中で他のタンパク質と同様にして分解されてしまったりするため、それによって他のタンパク質を摂取しているのと同じことになってしまうというのが意味がないとする議論の中心です。
また、そのままの形で吸収されることがないため、摂取した酵素が身体の中に直接入って機能することはないというのもまたよくある議論となっています。
この前者については胃の中で行われている消化もまたペプシンと呼ばれるタンパク質分解酵素によって担われているということを知っていると誤解であるとわかるでしょう。
全てが分解を受けてしまうわけではなく、ある程度の時間であれば胃の中にもいることができるものは存在しているのです。
一方、後者については確かですが、消化管の中には存在することができます。
摂取したものの中には消化に関与するもののように、食べ物の中に含まれている成分に対して作用するものがあって当然です。それが作用することによって消化が助けられたり、身体にとってより良い成分が生み出されたりするのが酵素を摂取する意味を生み出すでしょう。