酵素の長い歴史について

酵素の歴史は人類史上で最も古く紀元前3000年前から人々は発見し、利用していたことが記録として残っています。
酵素の効果はそれほど人にとって絶大で人の暮らしを豊かにするためには必要不可欠なものといってよいです
例えば私たちが普段飲んでいるビールやそのおつまみに食べるチーズも酵素の力を利用して作られている食品です。
ビールやチーズの製造は紀元前から行われていて様々な植物や動物の消化液などから酵素を取り出し使用してきました。
またカビなどにも含まれており、日本では古くからこのカビを使って日本酒を製造してきました。
酵素の存在が明確になり、名称がつけられた後は研究がどんどん進んで200年足らずで今の研究成果までたどり着くことができました。
ただ何となく便利なものとして使われてきたものがここ数百年でようやく姿かたちを現し、今では食品の加工だけでなく女性のダイエットサプリメントとしても使われているので人体にとてもいい影響を与えてこれからも新しい使用法が確立されてだろうことが予想されています。
人間の歴史と連動して発展してきたこの便利な成分は人類が歴史的に誇れる大きな成果だと私たちはそれを感じることができます。